top of page

「不安」は改善への第一歩

こんにちわ、やまさんです。


カウンセリングをしていると、本当にいろんなケースがあるなと思います。

一人一人の苦悩があり、それぞれの「道」があります。

私も苦悩を一緒に感じながら、道を探すお手伝いをしています。


中には、共通して多い悩みもあります。


それは「不安」です。

(不安が大きい/多い、不安を感じやすい)


私自身も「不安保持者」だったので、みなさんの気持ちはとても理解できます。


その上で、お伝えしたいことがあります。


↓↓


「不安」の感情を自覚することは、悩み解消へ向けた第1ステップであることです。


①自分の感情に気づき、受け止める

②原因を探す

③自分に合った解決方法を見つけていく




ケガをした時に、お医者さんは消毒をします。しみますよね。

痛いです。こわいです。つらいです。


でも、治すために必要なステップです。


看護師さんが手を握っていてくれると、少し救われます。



「不安」を自覚すると、心は痛いです。つらいです。

でも、ひとりで耐える必要はないのですよ。


あなたが不安を感じるとき、私の心は隣にありたいと思います。

一緒に痛みを乗り越えるまで、心の中で、あなたの手を握っています。







最新記事

すべて表示

「自己受容」を捨てた方がいい理由

こんにちは、「やまさん」改め、今日から「やまたん」です。 (刑事みたい・おじさん臭いとか不評だったので、笑) 「自己受容」と検索して、当HPにたどり着いた方もいらっしゃるでしょう。 自己受容は、基本的に全ての心理カウンセリングが目指していること、と思っていただいてよいと思います。 心理的援助方法は様々ありますが、結果的に行きつく先は同じです。 それなのに、「自己受容」を捨てたほうがいいとは…? 捨

哲学と自己受容~「悩み」の受けとめかた~

今回は、ルネ・デカルトの言葉をヒントにしたいと思います。 (17世紀フランスの哲学者) 彼が残した有名な言葉が、こちらです 「我思う、ゆえに我あり」 ↓↓ 「考える」ということは、 意識があるということ。 意識が存在しているということは、 自分が存在しているということ。 デカルトは、懐疑的な人だったようです。 自分自身の存在を疑い始め、辿り着いた解が「我思う、ゆえに我あり」でした。 悩むことは、本

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

Kommentarer


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page