top of page

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。



今日は、「先延ばし」のお話です。


英語ではprocrastinationと言い、

(プロクラスティネィション)

特に学生の間でよく耳にします。

(私は米留学時によく言われました。笑)


 

「先延ばし」とは


やらなければいけないタスクを避け、

開始や終了を遅らせることです。

(タスク=課題、作業)


「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。


→詳しくはwikipediaにて


 

先延ばしの理由


いろいろあるかな~と思いますが、

私自身はこんな感じでした

↓↓


【タスクを大きくさせる】

●手をつけるなら全部やる(100ぜロ思考)

●完璧に仕上げたい

●成功させなければいけない

など


【不快感から逃避】

●能力に自信がない、不安

●評価される恐怖

●様々なプレッシャーによる焦り

など


【気分が乗らない】

●やる気が出ない(うつ気味)

●嫌いなタスク

●興味がない

など


 

先延ばしの原因


先延ばしにする思考の根源には「自尊心の低さ」があるそうです。

こちらのウェブサイトがわかりやすいので拝借します)



自尊心とは、自分を価値ある存在として評価する気持ちです。


それが低い場合、自分を卑下・過小評価したり、非難(責める)傾向が強くなります。


つまり、自分自身に対する価値判断が低いために、

与えられたタスクに心的負荷がプラスされて、実際の労働以上の大変な課題として感じるというわけです。


心の中でタスクを困難化・複雑化

 ↓

さらに避ける

 ↓

好ましくない結果を生む

 ↓

また自分を責める(自尊心が低下)

 ↓

(始めに戻る)


自信が落ち、パフォーマンスも下がり、タスクはさらに肥大化する…というループに陥ります。

これを「自己破壊サイクル」といいます。


 

まとめ


先延ばしグセを手放すためには、

「あるがまま」がキーワードになりそうですね。



「あるがままのタスク」

心のフィルターを通して大きくなる前の、実際のサイズのタスクをみつめる


「あるがままの自分」

あるがままの成果、あるがままの能力をみつめる




以上、「先延ばし」のお話でした!


みなさんは。どんなことを先延ばしていますか?

反対に、どんなことは即仕上げをしているでしょうか?



最新記事

すべて表示

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。 「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」 その疑問にお答えします☆ そのために、まず知っておきたいことがあります。 それは、カウンセリングの目的です。 ↓↓ カウンセリングが目指すところは、 「心の自立」です。 すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。 では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか?? 【カウンセリングでする事】 カウン

インスタ更新しました☆

こんにちは、やまさんです。 今回は、心も温まる飲み物「ホットチョコレート」です。 材料の牛乳とチョコレートには、気分を落ち着かせる・安定させる効果があります。 (両方に含まれるトリプトファンがセロトニンの生成を促進するため) 他にもそれぞれ、嬉しい作用があります♪ 最新の投稿は、トップページから見れます☆ 「ホーム」 ↓ 下へスクロール ↓ 「Instagram」 私生活の小ネタを、数日おきにup

カウンセリングに行くタイミング

こんにちは、やまさんです。 みなさんは、カウンセリングって、どんな時に行くイメージがありますか? もしかしたら、 一番多いイメージは「病んでる時に行く」かもしれません。 そうですね、そういう面もあります。 でも、それだけではないのです! それ以外のタイミングも知ってもらいたい!と、 カウンセラーとしては思っています。 「病む前でも来てほしい」です。 カウンセリングは、 お話をしながら、少しずつ変化

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page