top of page

「不安」ルールの影響~魔のループ~

こんにちわ、やまさんです。


前回の続き☆


前回の内容はコチラで見れます

 

今回は↓↓


【ルールの影響~魔のループ~】


(ルールの例は、前回をご参照ください)



ルールがあると「守らなきゃ/できるかな」と、意識しますよね。

この思考が繰り返され、自分自身へのプレッシャーとなり、不安の自己暗示にかかります。


緊張もします。心が緊張すると身体も緊張します。(闘争‐逃走反応)

交感神経(興奮)のスイッチが入るので、心拍数が上がり、汗をかき、呼吸が浅くなります。

こういった身体の反応を自覚することが、さらに心の緊張をあおります。もっと呼吸が乱れると、過呼吸やパニックになります。


毎度、プレッシャーに襲われたり息ができない恐怖を体験するのは、とても耐えがたいことです。

場合によっては、不安シーンを避けるようになります。(コミュニケーションを避ける、外出を控える、特定の授業をサボるなど)



「生きづらい」と「生きやすい」の違いは、「ルール」の数/強さの違いです。

多ければ多いほど/強固であればあるほど、生きづらくなるのです。



次回は、【ルールの影響~守の役割~】です。





最新記事

すべて表示

「不安」は脳があなたを守りたいから

こんにちわ、やまさんです。 今回も「不安」のお話です。 生きていると、いろいろな場面を経験しますよね。嬉しいことも嫌なことも起こります。 たとえば… ●初デート…この服で合ってるかな、うまく話せるかな、好かれるかな ●発表会…失敗しないかな、下手くそって思われないかな、期待...

「不安」をなくしたい!

こんにちわ、やまさんです。 「不安シリーズ」前回の続き☆ 不安は生命にとって必要。でも、苦しいから無くしたい! ということで… 「どうやったら不安をなくせるの?」 今回から数回にわたって、お話していきましょう。 まず、「不安をなくす」=実際はこういうことだと思うのです↓↓...

「不安シーン」が多い人の特徴

こんにちわ、やまさんです。 前回の内容はコチラで見れます。 今回から数回にわけて、 「1. 不安が生じる場面を減らす」をみていきます。 不安をゼロにすることは難しいですが、緊張とリラックスのバランスがとれれば、今よりずっと楽になります。...

midori_edited.png
hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page