top of page

自分を愛する② 食べたい物を食べ過ぎる…自分が嫌

こんにちは、やまさんです。



前回、「食べたい物を食べることは、自分を愛すること」とお話しました。→コチラから


今回は、「食べたい物をいっぱい食べて、太って自分が嫌い」な場合のお話です。


 

そもそも、なぜ食べるのでしょうか?


それは、生命活動に必要なエネルギーを補うためです。


食べる

 ↓

必要なエネルギー量を得たと、身体が判断する

 ↓

満腹信号が出て、食欲をストップする


ここで食事もストップすれば、太ることはありません。


(満腹信号後も食べ続けると、余剰エネルギーが脂肪として身体に蓄えられます)



「食べたい物を食べることは、自分を愛すること」ですが、

「食べ過ぎることは、自分を痛めつけること」になります。


満腹(あるいはそれ以上)に食べる時は、胃袋がパンパンになりますよね。


場合によっては、このような体験をするかもしれません。

↓↓


お腹が痛くなる

身体が重く感じる

消化にエネルギーを費やし、疲れやすくなる

消化器や内臓の疲労により、ダルさや不調を感じる

体重が増えて、関節や筋肉に痛みが生じる

胃の疲れ、胃痛、口臭がある

後悔や罪悪感、自己卑下がある


こういった体験は、身体が「助けて」と言っているサインになります。



「心の声と体の声」を聴く


心の声


食べ過ぎる原因の一つは、感情の処理が上手くできていないことです。

不安、イライラ、寂しさ、悲しさ、悔しさ、退屈…などの、ネガティブな感情をうまく消化できていない場合、食べることで気を紛らわす/心を満たそうとします。


食べ過ぎたくない…と思ったら、まずは、自分の心にきいてみましょう。

何に対して、どんな感情を抱いていて、どのように処理できるでしょうか。



体の声


食べ過ぎるもう一つの原因は、身体が発する「サイン」を受け取っていないことです。

身体は、満腹サインやSOSサインを発しているはずです。

ところが、習慣的に食べ過ぎる場合、サインを無視することも習慣化しています。


一度、サインに注意を向けてみましょう。

身体は、何を訴えて、何を求めているでしょうか。




次回は、「自分を愛する③ まとめ」です。






最新記事

すべて表示

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。 「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」 その疑問にお答えします☆ そのために、まず知っておきたいことがあります。 それは、カウンセリングの目的です。 ↓↓ カウンセリングが目指すところは、 「心の自立」です。 すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。 では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか?? 【カウンセリングでする事】 カウン

インスタ更新しました☆

こんにちは、やまさんです。 今回は、心も温まる飲み物「ホットチョコレート」です。 材料の牛乳とチョコレートには、気分を落ち着かせる・安定させる効果があります。 (両方に含まれるトリプトファンがセロトニンの生成を促進するため) 他にもそれぞれ、嬉しい作用があります♪ 最新の投稿は、トップページから見れます☆ 「ホーム」 ↓ 下へスクロール ↓ 「Instagram」 私生活の小ネタを、数日おきにup

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page