p3.png
p3.png
m3.png
p3.png
m3.png
p3.png
p3.png
m3.png
p3.png

自己受容を高めたのにツラい…なぜ?

解消法あります。

どうか、ご安心くださいね。


理由と解決法を、私自身のことに絡めてお話します。


━━━━━


心理カウンセラーとして開業をして、間もない時期のことです。


「ホームページはこんな感じにしたい」

「けあトークをこんな場所にしたい」

「こんなクライアントさんに見つけてほしい」

「こんな風に接したい」


などの想いを抱きながら、HPを作りました。

しかし、公表したものの、誰の目にも止まらず、お問い合わせゼロが続きました。


「もしかしたら、HPの内容が悪いのかもしれない…」

「私の言葉を変えたら…」


など、「他人に気に入られるように」HPを作り変えていきました。


さらに、「気に入られるように」がどんどんエスカレートしていき


「信頼されるカウンセラーとして、こうにあるべき」

「愛を伝えるためには、外見から雰囲気を醸し出さなければいけない」

「ビジネス感をまとわなければいけない(営業の方にお会いする時)」


など、考え方に縛りが増えていきました。


そのうちに、

「こんな私がカウンセラーをしていいのだろうか…」という不安も大きくなり


気がついたら、うつのように落ち込んだり、お酒をまた頻繁に飲むようになりました。


すると、カウンセラーとしての劣等感がさらに大きくなっていき、

「このまま、問い合わせ来ないでくれ…」と思ったこともありました。


(幸いにも、この時期は相談のご予約はゼロでした)


━━━━━


⦅カウンセラーになる前まで、時を戻します⦆


私は、カウンセラーになる前は自己受容がとても低かったです。


(無意識的に)いつも不安で、自分の存在に対する自信もなくて、他人の意思に左右されて


・気持ちが宙にふわふわしている状態

・足が地面から離れている感覚

・自分が自分ではない感覚 など、とにかく不安定な感覚でいました。


その感覚は、自分の存在をあるがまま受け容れ(自己受容を高め)た時に消え去り、


・自分の足で、しっかり地面を踏みしめている感覚

・どしっとした安心感&安定感

・無条件に感じる自信・自分への信頼感 へと変わりました。


この時に、自分の存在に自信を持ちました(自己受容が高まった状態)。



ところが、今回も同じ「ふわふわした感覚」を覚えていたのです。



でも、いまは存在に対する自信はあるし、自分のことを信頼してるし、

「なぜだろう…」

自己受容を高めたはずなのに、なぜまた苦しいのか…わからないでいました。


「このままではツラい・変えたい」と感じ、ある時、自分自身と向き合いました。

そして、原因を見つけました。


なんと、答えはずっと、私の目の前にあったのです。


やはりそうです。


その答えとは、私自身がHPでも詳しく説明している「自己受容の低さ」でした。



ん?やまさん、自己受容を高めたんじゃないの??


その通りです。高めたことは事実です。



なにが起きていたのか、ご説明します↓↓



私は以前、「やまなかたかえ」という、根源的な自己像(要素)における自己受容を高めました。

よって、私自身の存在に対する確信はあったのです。


今回、なんと私は「カウンセラー」という役割の自己像(要素)において、自己受容の低さにまた苦しんでいたのでした。

つまり、カウンセラーとしての確信が揺らいでいたわけです。


今回は、ビジネスとして成り立たせたい(集客)ために、世間に好かれる【理想のカウンセラー像】を創ったことにより、それとは違う【現実の自分】と比べる結果となっていたのです。


カウンセラーという自己像の中に、無意識のうちに「理想の自分」「現実の自分」を創っていました。


二つの像の間にギャップ(段差)が生じるとき、それをカバー(バレないように)するために、緊張・不安も生じます。

これが、「自己受容が低い状態」であり、さまざまな障害を生みます(飲酒・過食・依存・神経質・その他)

もちろん、ネガティブ思考に陥って抑うつ状態にもなります。


緊張・不安・うつなどの不快感を解消するために、私の場合はお酒も飲みました。



再び自分自身と向き合ってからは、素の「やまなかたかえカウンセラー」として心を構えるようになりました。


「万人に受け入れられるカウンセラーを目指す」のではなく、

「やまなかたかえカウンセラーを受け入れていただけるクライアントさんに出逢おう」


そうに気持ちを変えてからは、心が楽になったので、心理カウンセラーとしての能力を存分に発揮できるようになりました。

今は、この安心感にとても満足しています。



ここまでお読みいただき、

察しの良い方は「自己受容との葛藤は永遠に続くのか!?」と思うかもしれませんが、


ご安心ください。

「個人(あなた)」という、根源的な自己像(要素)さえ整えれば、たいていの課題はほぼすべて解決します。

私もそうです。


あとは、結婚・出産・昇進…などで新しい「役割」を担う時に「理想像」を創るタイミングは訪れるでしょう。


実は、理想像を抱くことも、苦しい結末ばかりではありません。

向上するための目標として、健全に機能できる場合もあります。


苦しいな…と感じる場合だけ、現実像を受け容れる心構えに変えると良いですね。



すべての人に、いつも心の安らぎを…☆



最新記事

すべて表示

こんにちわ。 前回の続き☆ 【夜やってはいけないこと=ググること(google検索)】 もちろん、調べ物をするのは良いことですよね。知識が増えますし、好奇心は活力です。 ただし、寝る前は避けた方がよいでしょう。 その理由は… ●スマホの「ブルーライト」 人間は、メラトニンという睡眠ホルモンが分泌されることで眠くなります。 メラトニンは、日の光を浴びてから14時間~16時間後に分泌されます。つまり、

こんにちわ。 暑くなったり寒くなったり、季節の変わり目を感じますね。 みなさんは、最近よく眠れていますか? やまさん(私)は、寝る前にミステリー映画を観ることにハマってしまい、寝つきが悪い今日この頃です…。 そんな先日、ベッドに入り、ふと気になり、やってしまいました… Google検索です! (なぜか笑) DNAについて気になり、ググってみました。 ●人間の DNA はバナナと60%も同じらしい!

こんにちわ。 前回の続き…☆ 自己受容が低いタイプの方の「食」以外の特徴は、 たとえば、 他人に興味がない・緊張しやすい・会話がうまくいかない・子育て悩み・体調の不調を感じる・いつも怒っている・プライドが高い・ナルシスト・不満ばかり言う・他人を否定ばかりする・頑固・人の目が気になる・見栄を張る・部屋が散らかる・新しいことに腰が重い・遅刻癖・優柔不断・記憶できない…  などがあります。 日常的に見ら

m3.png
p3.png
hana4.png
midori_edited.png
hana4_edited.png
midori.png
hana4.png
hana4_edited.png
m3.png
p3.png
m3.png
midori.png