top of page

自分でできる対処法

こんにちは、やまさんです。


前回の続きです。


 

【自分でできる対処法】


まず、悩みます。

たくさん悩んでいいのです。

いっぱい悩んで悩んで、考えて考えて…。


ただし、悩む時はここがポイントです。


紙に書き出しましょう。


頭の中でグルグル巡っていることを、すべて、そのまま、紙に書いていきます。


書き出すコツは、「気持ち」「問い」「回答」です。



まず「気持ち(感情)」から始めます。


そして、気持ちに対して自由に問うていきます。

問いが思い浮かばない時は、5W1Hを基本に考えてみるとよいでしょう。


 Why どうして

 What なに

 Who だれ

 When いつ

 Where どこ

 How どのように


問いと回答は、正解はありません。

思いついたことを、思うままに、すべて書き留めます



もし回答が「わからない」と出てきたら、それも書きましょう。

そして、回答が出るまで考えてみてください。

難しく考えずに、ふっと思い浮かぶもので大丈夫です。

少し粘って、考えてみましょう。


もし、それでも回答が思いつかなければ、その問いは一旦置いておきます。

他に頭の中を巡っている事を書き出し、新たに問いと回答を始めましょう。



私自身も実践している方法です。

みなさんにも効果が期待できるので、おすすめです。







最新記事

すべて表示

「自己受容」を捨てた方がいい理由

こんにちは、「やまさん」改め、今日から「やまたん」です。 (刑事みたい・おじさん臭いとか不評だったので、笑) 「自己受容」と検索して、当HPにたどり着いた方もいらっしゃるでしょう。 自己受容は、基本的に全ての心理カウンセリングが目指していること、と思っていただいてよいと思います。 心理的援助方法は様々ありますが、結果的に行きつく先は同じです。 それなのに、「自己受容」を捨てたほうがいいとは…? 捨

哲学と自己受容~「悩み」の受けとめかた~

今回は、ルネ・デカルトの言葉をヒントにしたいと思います。 (17世紀フランスの哲学者) 彼が残した有名な言葉が、こちらです 「我思う、ゆえに我あり」 ↓↓ 「考える」ということは、 意識があるということ。 意識が存在しているということは、 自分が存在しているということ。 デカルトは、懐疑的な人だったようです。 自分自身の存在を疑い始め、辿り着いた解が「我思う、ゆえに我あり」でした。 悩むことは、本

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page