p3.png
p3.png
m3.png
p3.png
m3.png
p3.png
p3.png
m3.png
p3.png

激辛ブームを心理学的にみたら ep.2

更新日:2021年9月23日

こんにちわ。


前回に引き続き…☆



唐辛子を食べて感じる「辛味」は、「味」ではなく「痛み」だそうです。

「痛みだー!」と身体が警告すると、

脳は自動的に、エンドルフィンというホルモンを分泌して、痛みをブロック(緩和)するように働きます。

エンドルフィンには、さらに、安心感をもたらす作用もあります。

エンドルフィンが分泌される時、同時に、ドーパミン(興奮ホルモン)も分泌されます。

とても良いことに、エンドルフィンとドーパミンは、どちらも脳の「報酬系」と呼ばれるエリアで出ます。

報酬系が活性化する時は、文字通り、報酬と快感の感覚を覚えます。

課題を達成したり、金銭的収入を得たり、セックスをする時に感じる「満足感」は、報酬系が活性化するためです。

甘い物を食べた時にも、報酬系が活性化します。

まとめると、「辛味」(カプサイシン)を摂ると、ブロッカー興奮ホルモン報酬系で活性化されます。

これにより、安心感・満足感・快感を覚えるのです。

簡単に言うと、唐辛子は多幸感をふわふわ~っと上げてくれる、というわけですね。

自然の植物から、こんなに嬉しい効果を得られるとは…!

気分が落ち気味の時に、つい食べたくなりますね。

ただし…!

報酬系で得られる「快感覚」は、クセになるんです。

つまり、依存性が強いのです。


「辛いものを食べたい!」という欲求を引き起こしたり、「もっと辛く!」とより強い刺激を求めるようになります。


このため、唐辛子は激辛ブームの中で不動の地位を確立し、ブーム再来毎に刺激がより強い唐辛子が登場してきたのでしょう。

依存的な「快感覚」の有無が、唐辛子ワサビの違いでしょうね、きっと。



もう少し続きますが…


また明日☆



最新記事

すべて表示

こんにちわ。 Facebookの友人の投稿で、良い詩に出会いました。 良いものは分かち合いましょう! ぜひ紹介させてください。 詩には疎いので お恥ずかしいですが、 Leonard Cohen(レオナルド・コーエン)さんの詩だそうです。 直訳します↓↓...

こんにちわ。 今回は、ちょっと“辛口”なお話です。 「激辛ブーム」の始まりは、1980年代のカラムーチョだそうです。 第一次ブーム:カラムーチョ 第二次ブーム:韓流ブームによる韓国料理・アジア料理 第三次ブーム:ハバネロ・蒙古タンメン中本...

こんにちわ。 「激辛ブーム3部作」のまとめです。 唐辛子もワサビも愛してよい。 ただし、両者とも程よい距離感を保つべし。 大事なことは、依存しないことです。 ご安心ください。 知識や病識を身につけることで、依存のリスクはかなり下がります。...

m3.png
p3.png
hana4.png
midori_edited.png
hana4_edited.png
midori.png
hana4.png
hana4_edited.png
m3.png
p3.png
m3.png
midori.png