top of page

楽しみの前夜、どうして眠れないの?

こんにちは、やまさんです。


8月も、なかばですね。

まだまだこれから楽しい予定を計画している方も、いらっしゃるでしょうか?


やまさんは、実家に帰って犬猫に挨拶したり、昔の同級生に会ったりします♪



楽しみすぎると、前日の夜、なかなか寝つけませんよね。


どうしてかというと…


↓↓


楽しみ=エキサイトしている時は、「交感神経」が優位になります。興奮のスイッチです。

(反対は「副交感神経」リラックスのスイッチ)


睡眠には「副交感神経」スイッチが入る必要があります。



でも、明日のことを考えると、わくわく♪ドキドキ♪


家を出る段取りを考えて、

ルートを確認して、

服を考えて、

持ち物はアレとコレと持って、

〇〇を忘れないようにしなきゃ



…て、ん?ちょっと待って?


これ、よくよくみると「不安」も混ざってる?


気がついたら、頭の中でリハーサルして緊張をあおってる…!

そりゃあ、眠れなくなるわけだ。



そんな時は、やまさんはこんな風に考えて、心を軽くしています。


↓↓


「リストが抜けてもいい」前提です。


忘れ物があっても、たいていのものは最終的になんとかなるし、


完璧じゃなくて、いいんです





最新記事

すべて表示

「自己受容」を捨てた方がいい理由

こんにちは、「やまさん」改め、今日から「やまたん」です。 (刑事みたい・おじさん臭いとか不評だったので、笑) 「自己受容」と検索して、当HPにたどり着いた方もいらっしゃるでしょう。 自己受容は、基本的に全ての心理カウンセリングが目指していること、と思っていただいてよいと思います。 心理的援助方法は様々ありますが、結果的に行きつく先は同じです。 それなのに、「自己受容」を捨てたほうがいいとは…? 捨

哲学と自己受容~「悩み」の受けとめかた~

今回は、ルネ・デカルトの言葉をヒントにしたいと思います。 (17世紀フランスの哲学者) 彼が残した有名な言葉が、こちらです 「我思う、ゆえに我あり」 ↓↓ 「考える」ということは、 意識があるということ。 意識が存在しているということは、 自分が存在しているということ。 デカルトは、懐疑的な人だったようです。 自分自身の存在を疑い始め、辿り着いた解が「我思う、ゆえに我あり」でした。 悩むことは、本

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

Commentaires


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page