top of page

幸せをつかむ方法 ep.2

こんにちわ。


前回の続き…☆


自己受容が低いタイプの方の「食」以外の特徴は、


たとえば、

他人に興味がない・緊張しやすい・会話がうまくいかない・子育て悩み・体調の不調を感じる・いつも怒っている・プライドが高い・ナルシスト・不満ばかり言う・他人を否定ばかりする・頑固・人の目が気になる・見栄を張る・部屋が散らかる・新しいことに腰が重い・遅刻癖・優柔不断・記憶できない…  などがあります。


日常的に見られる特徴は、他にも無限にあります。

自己受容の低さと、社会的な条件が、さらに複合的に作用すると、

ひきこもり・うつ・神経症・依存症・摂食障害・非行・自殺願望 などの課題として現れます。

生き辛さの根本は、「自己受容」の低さにあります。    

かつて、アルフレッド・アドラーという心理学者、兼、精神科医がいました。

彼は、「人間の悩みはすべて対人関係にある」と言いました。

やまさん(私)は、「人間の課題はすべて自己受容の低さにある」と思っています。

今、悩みを抱えている方、

今、悩みを抱えている方が身近にいる方、

生きやすさを感じるための第一歩は、知識と情報に触れることです。

そして、本人自身が「気づく」ことです。

それが、生きやすさへの第一歩です。

“幸せ”は、物や他人の中には在りません。

“幸せ”は、自分自身の中にあります。

なぜなら、物や他人を「認知」するのは、自分自身だからです。

幸せは、物や他人ではなく、自分自身が自分自身を満たすことで叶います。

自分自身を認め、受け容れることで叶います。

生きやすさを見つけた時に、幸せに満たされる感覚を覚えます。

今が辛くても、大丈夫です、必ず、幸せになれます。

まとめ↓↓

“幸せ” をつかみたければ、自分自身の中を探すと見つかる。


「生きづらいな…」と感じている方、漠然と生きづらいのではありません。

必ず、理由があります。

その理由を知ることで、人生が165度、変わります。

気づいた瞬間が、生きやすさへの第一歩です。

必ず、生きやすくなりますよ。


最新記事

すべて表示

「自己受容」の落とし穴

こんにちは、やまたんです! 自己受容とは? 自己受容とは、自分をありのまま受け容れることです。 〇〇じゃなくても、 できなくても、 しなくても、 ジャッジや評価をせずに、 あるがままを受け容れる(受け止める)ことです。 落とし穴に注意! 「自己受容を高めたい」と望めば望むほど、 自己受容が低い自分(ありのままの自分)を受け容れていない状態が続くことになります。 すなわち、 理想の自己と現実の自己の

哲学と自己受容~「悩み」の受けとめかた~

今回は、ルネ・デカルトの言葉をヒントにしたいと思います。 (17世紀フランスの哲学者) 彼が残した有名な言葉が、こちらです 「我思う、ゆえに我あり」 ↓↓ 「考える」ということは、 意識があるということ。 意識が存在しているということは、 自分が存在しているということ。 デカルトは、懐疑的な人だったようです。 自分自身の存在を疑い始め、辿り着いた解が「我思う、ゆえに我あり」でした。 悩むことは、本

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page