top of page

幸せをつかむ方法 ep.2

こんにちわ。


前回の続き…☆


自己受容が低いタイプの方の「食」以外の特徴は、


たとえば、

他人に興味がない・緊張しやすい・会話がうまくいかない・子育て悩み・体調の不調を感じる・いつも怒っている・プライドが高い・ナルシスト・不満ばかり言う・他人を否定ばかりする・頑固・人の目が気になる・見栄を張る・部屋が散らかる・新しいことに腰が重い・遅刻癖・優柔不断・記憶できない…  などがあります。


日常的に見られる特徴は、他にも無限にあります。

自己受容の低さと、社会的な条件が、さらに複合的に作用すると、

ひきこもり・うつ・神経症・依存症・摂食障害・非行・自殺願望 などの課題として現れます。

生き辛さの根本は、「自己受容」の低さにあります。    

かつて、アルフレッド・アドラーという心理学者、兼、精神科医がいました。

彼は、「人間の悩みはすべて対人関係にある」と言いました。

やまさん(私)は、「人間の課題はすべて自己受容の低さにある」と思っています。

今、悩みを抱えている方、

今、悩みを抱えている方が身近にいる方、

生きやすさを感じるための第一歩は、知識と情報に触れることです。

そして、本人自身が「気づく」ことです。

それが、生きやすさへの第一歩です。

“幸せ”は、物や他人の中には在りません。

“幸せ”は、自分自身の中にあります。

なぜなら、物や他人を「認知」するのは、自分自身だからです。

幸せは、物や他人ではなく、自分自身が自分自身を満たすことで叶います。

自分自身を認め、受け容れることで叶います。

生きやすさを見つけた時に、幸せに満たされる感覚を覚えます。

今が辛くても、大丈夫です、必ず、幸せになれます。

まとめ↓↓

“幸せ” をつかみたければ、自分自身の中を探すと見つかる。


「生きづらいな…」と感じている方、漠然と生きづらいのではありません。

必ず、理由があります。

その理由を知ることで、人生が165度、変わります。

気づいた瞬間が、生きやすさへの第一歩です。

必ず、生きやすくなりますよ。


最新記事

すべて表示

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。 「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」 その疑問にお答えします☆ そのために、まず知っておきたいことがあります。 それは、カウンセリングの目的です。 ↓↓ カウンセリングが目指すところは、 「心の自立」です。 すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。 では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか?? 【カウンセリングでする事】 カウン

インスタ更新しました☆

こんにちは、やまさんです。 今回は、心も温まる飲み物「ホットチョコレート」です。 材料の牛乳とチョコレートには、気分を落ち着かせる・安定させる効果があります。 (両方に含まれるトリプトファンがセロトニンの生成を促進するため) 他にもそれぞれ、嬉しい作用があります♪ 最新の投稿は、トップページから見れます☆ 「ホーム」 ↓ 下へスクロール ↓ 「Instagram」 私生活の小ネタを、数日おきにup

カウンセリングに行くタイミング

こんにちは、やまさんです。 みなさんは、カウンセリングって、どんな時に行くイメージがありますか? もしかしたら、 一番多いイメージは「病んでる時に行く」かもしれません。 そうですね、そういう面もあります。 でも、それだけではないのです! それ以外のタイミングも知ってもらいたい!と、 カウンセラーとしては思っています。 「病む前でも来てほしい」です。 カウンセリングは、 お話をしながら、少しずつ変化

Comments


midori_edited.png
hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page