p3.png
p3.png
m3.png
p3.png
m3.png
p3.png
p3.png
m3.png
p3.png

幸せをつかむ方法 ep.1

こんにちわ。

以前、「我慢なし!リバウンドなし!究極のダイエット法」のお話をしました。

( 詳しくはコチラから)

https://www.caretalk.online/post/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%81%E6%88%91%E6%85%A2%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%81%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E6%B3%95-ep-1



食行動にまつわる「癖」や「傾向」は、いろいろあります。

例えば、

ストレス食い、間食、食べ過ぎ、常に食べ物を口に入れていたい(飴やガムなど)…

脂ものが多い、糖質が多い、ジャンクフードが多い、スナック菓子が多い、激辛が多い… などです。

食習慣が偏る理由は、不安が強かったり、心が満たされなかったり…と、諸事情あります。

突き詰めていくと、根本には自尊心の低さがあります。

つまり、自分を認める気持ちよりも、自分を否定する気持ちの方が大きいのです。

これを、「自己受容(自己肯定感)の低さ」と呼びます。

自己受容が高い人/低い人は、「タイプ」の違いです。低いからといって、自分を卑下する必要はありません。

むしろ、低いと思う方は、高い方よりも多くの悩みを抱えながら一生懸命に生きてきたのです。

その強さと努力は、ほめられるべきことなのです。

その能力は、かけがえのない“財産”です。



上述したように、自己受容が低いタイプの方には「食」にまつわる特徴的な癖がありますね。

実は、「食」に関する事以外にも、日常的にみられる特徴があります。


そのご紹介は、また次回☆




最新記事

すべて表示

解消法あります。 どうか、ご安心くださいね。 理由と解決法を、私自身のことに絡めてお話します。 ━━━━━ 心理カウンセラーとして開業をして、間もない時期のことです。 「ホームページはこんな感じにしたい」 「けあトークをこんな場所にしたい」 「こんなクライアントさんに見つけてほしい」 「こんな風に接したい」 などの想いを抱きながら、HPを作りました。 しかし、公表したものの、誰の目にも止まらず、お

こんにちわ。 前回の続き☆ 【夜やってはいけないこと=ググること(google検索)】 もちろん、調べ物をするのは良いことですよね。知識が増えますし、好奇心は活力です。 ただし、寝る前は避けた方がよいでしょう。 その理由は… ●スマホの「ブルーライト」 人間は、メラトニンという睡眠ホルモンが分泌されることで眠くなります。 メラトニンは、日の光を浴びてから14時間~16時間後に分泌されます。つまり、

こんにちわ。 暑くなったり寒くなったり、季節の変わり目を感じますね。 みなさんは、最近よく眠れていますか? やまさん(私)は、寝る前にミステリー映画を観ることにハマってしまい、寝つきが悪い今日この頃です…。 そんな先日、ベッドに入り、ふと気になり、やってしまいました… Google検索です! (なぜか笑) DNAについて気になり、ググってみました。 ●人間の DNA はバナナと60%も同じらしい!

m3.png
p3.png
hana4.png
midori_edited.png
hana4_edited.png
midori.png
hana4.png
hana4_edited.png
m3.png
p3.png
m3.png
midori.png