p3.png
p3.png
m3.png
p3.png
m3.png
p3.png
p3.png
m3.png
p3.png

寝つきが悪い原因は○○ ep.5

更新日:1月30日

こんにちわ。



前回の続き…☆



ササミ呼吸法の、



シメです↓↓

全身が脱力しているので、身体が重たく感じている状態です。

急には動かず、ゆっくり、じわじわっと馴らせていきましょう。


①手を上へ

両腕をゆっくり頭の上まで滑らせていき、上下に伸び~。。息をはきながら~。。ゆっくり腕を脇に戻します。

②手を左右へ

左の腕をゆっくり右にもっていき、徐々に右に寝返り、ゆっくり伸び~。。

反対側も、ゆっくり寝返り、伸び~。。

 息を吐きながら~、伸び伸びしたら~、

③完了

ゆっくり徐々に、起き上がります。ゆっくり…と。

「ササミ呼吸法」(リラックス法)は、以上です。


ササミ呼吸法をすると、身体がとても軽く楽になります。

やまさん(私)は、だいたい毎晩行います。もし、ササミ呼吸をしないで寝ると、翌日の肩~背中の凝り・痛みで、違いがはっきりわかるほどです。

所要時間は、10分~1時間30分くらいです。

身体の凝り・固まり具合や、「精神的阻害(心配事など)」の大きさによって、所要時間は異なります。


慣れて《コツ》がつかめてくると、簡単にできるようになります。

ササミ呼吸に集中できればできるほど、速く済ませることができます。

時間・場所がない時は、《部分的に》溶かすこともできます。

私は、部分的に「上半身」をよくやります。(デスクワークや、趣味の映画の合間などに) 

部分的に行う時も、同じ要領です↓↓


【例:上半身】

立ったまま前かがみに前屈し、上半身の各部位の力を抜いていきます。

呼吸はつねに、はくのを長く、はくのを長~く、ゆっくりと…です

☆ササミ呼吸のポイントは、

各部位、一つ一つに集中してイメージ・力を抜くことです。

行う時には、リラックス効果のある《音楽》や《アロマで香りをつける》のも良いでしょう。自律神経系やホルモン系に作用して、脱力を促してくれます。

心身が、安心・安全感じることができる空間を作ったうえで、行いましょう。

まとめ↓↓


筋肉をほぐすことさえ出来れば、

「眠れない夜」は、もう来ない。

私は以前、「イライラ、不安、落ち着かない…」などを感じる時に、

食べたり、お酒を飲んだりして解消していました。とても不健全な対処法です。

ササミ呼吸を身につけてからは、ササミ呼吸法で解消できるようになりました。

健康的・経済的です。

「あー!お酒飲みたいー!」と感じたら、ひとまず、いったん横になります。

ササミ呼吸法を終えて起き上がると、


「あれ。お酒いらないや」という気持ちに、変わっているのです。

興味のある方は、ぜひお試しください。



お読みくださりありがとうございました☆

最新記事

すべて表示

解消法あります。 どうか、ご安心くださいね。 理由と解決法を、私自身のことに絡めてお話します。 ━━━━━ 心理カウンセラーとして開業をして、間もない時期のことです。 「ホームページはこんな感じにしたい」 「けあトークをこんな場所にしたい」 「こんなクライアントさんに見つけてほしい」 「こんな風に接したい」 などの想いを抱きながら、HPを作りました。 しかし、公表したものの、誰の目にも止まらず、お

こんにちわ。 前回の続き…☆ 前回の「①呼吸」を踏まえて、今回ご紹介するのはコチラです。 ②【(寝るだけで)筋肉をほぐす4ステップ】 1.仰向けに寝る 腕と脚を楽に伸ばします。顔がきちんと天井を向くように、調整してください。 ☆全身の筋肉を脱力するので、顔が左右に傾いていると、首を痛める原因になります。 2.口を半開きにし、舌を脱力させる 口は、ぽかーんと開けてください。舌は、口腔内のどこにも触れ

m3.png
p3.png
hana4.png
midori_edited.png
hana4_edited.png
midori.png
hana4.png
hana4_edited.png
m3.png
p3.png
m3.png
midori.png