p3.png
p3.png
m3.png
p3.png
m3.png
p3.png
p3.png
m3.png
p3.png

寝つきが悪い原因は○○ ep.4

こんにちわ。


前回の続き…☆



前回の「①呼吸」を踏まえて、今回ご紹介するのはコチラです。



②【(寝るだけで)筋肉をほぐす4ステップ

1.仰向けに寝る 


腕と脚を楽に伸ばします。顔がきちんと天井を向くように、調整してください。

☆全身の筋肉を脱力するので、顔が左右に傾いていると、首を痛める原因になります。

2.口を半開きにし、舌を脱力させる


口は、ぽかーんと開けてください。舌は、口腔内のどこにも触れないようにします。

☆唇が閉まると顔の筋肉に力が入るので、半開きが重要です。

3.呼吸に集中する


吸って、はいて~~~、吸って、はいて~~~  静かに、ゆ~っくりと。


☆息を吸い込む場所が、「胸」→「お腹」へと移動していくように意識してみましょう。

4.全身の筋肉を“溶かして”いく


「頭」から「つま先」まで順番に、一つ一つ、力を抜いていきます。

さらに、ほぐれた筋肉が溶けて、ベッド(床)と融合するイメージをします。

イメージの最終ゴールは、“溶ける” ことです。

☆各部位の筋肉をほぐす時に、「ササミがほぐれるイメージ」をすると、わかりやすいです。

ここで、「ササミ」登場です!

身体を操作する時に重要なことは、イメージをすることです。

スポーツや筋トレ、ヨガなどをされる方は、ピンとくるかもしれません。

イメージをすることで、

働きかけたい部分に、効果的に働きかけることができます。

なぜ、ササミかと言うと…、

自分の筋肉を直接目で見る機会は、ほぼ無いと思います。

その点、ササミは、実際に見ることができます。肉がほぐれる場面をイメージすることが、簡単にできますね。

肩の中に埋まっている“ササミ”がほぐれるのをイメージすることで、肩の筋肉がほぐれやすくなります。

背中や太ももなどは、巨大ササミをイメージしてみると良いでしょう。

このようにして、全身の一つ一つの筋肉を、上から下まですべて溶かします

溶かし終わると、身体がとても重たく感じます。

全身が脱力で、ベッドが抜けそうなほど重く感じたら、上手に溶けたサインです。


それでは、とろけた状態から《上手に起き上がるコツ》を、次回ご紹介します。



また次回☆

最新記事

すべて表示

こんにちわ。 なかなか寝つけないと、つらいですよね。 だんだんイライラしたり、焦ってきたりして、さらに寝つけなくなったり… 「暑い」「寒い」など環境的な要因は、一つ挙げられます。 あまり、意識して自覚することはないかもしれませんが、温度の変化は、人にとって《最大のストレス》...

こんにちわ。 前回に引き続き…☆ まずは、【寝付けない原因】のお話です。 私たちの体には、交感神経 と 副交感神経 という2種類の自律神経があります。 交感神経は、「活動用」のスイッチです。 副交感神経は、「休む用」のスイッチです。...

前回まで、「寝つけないのは筋肉が緊張しているため」というお話をしました。 寝つきを良くするには、副交感神経という《リラックスするスイッチ》を入れる必要があります。 心身をリラックスさせる方法は、良く知られているものがいろいろあります。...

m3.png
p3.png
hana4.png
midori_edited.png
hana4_edited.png
midori.png
hana4.png
hana4_edited.png
m3.png
p3.png
m3.png
midori.png