top of page

夜やってはいけないこと ep.2

こんにちわ。


前回の続き☆

【夜やってはいけないこと=ググること(google検索)】


もちろん、調べ物をするのは良いことですよね。知識が増えますし、好奇心は活力です。

ただし、寝る前は避けた方がよいでしょう。

その理由は…



スマホの「ブルーライト」

人間は、メラトニンという睡眠ホルモンが分泌されることで眠くなります。


メラトニンは、日の光を浴びてから14時間~16時間後に分泌されます。つまり、朝日を浴びると、14時間後に眠くなるように、タイマーが“セット”されるのです。


ブルーライトの光は、日光と類似しています。

就寝時にブルーライトを浴びると、脳が「朝日」と勘違いをして、睡眠ホルモンが正常に働かなくなってしまいます。


情報の刺激により、脳が覚醒する     

刺激に対して、脳が喜んだり、悲しんだり、怖がったりする時に、ドーパミンやノルアドレナリンいう興奮ホルモンが分泌されます。すると、「交感神経」のスイッチが入り、同時に、身体の筋肉が緊張状態になります。

つまり、気持ちも身体も、興奮状態になり、覚醒してしまうのです。

(交感神経と筋肉の緊張状態に関しては、またの機会にお話しします)

google検索をする時は、もともと気になっている事柄を調べますよね。検索結果は、興味をそそるものばかりです。

googleは『興奮の宝庫』なのです。



それでは、夜きちんと眠れるようにする対策として、簡単に2つご紹介します↓↓


朝起きたら、日の光を浴びる

光を浴びていることは、目を通して脳に伝わります。太陽を直接見ないように、まぶたを閉じて光を感じるようにすると良いでしょう。


心と身体の緊張をほぐす

仰向けに寝て、深呼吸をします。この時に、吸うよりも吐くのを長く呼吸してください。

口を半開きにして、首や肩の筋肉が溶けて床と融合するイメージをすると、より効果的にリラックスできます。

「不安」「寂しい」「つまらない」「緊張」などの気持ちの時は、気分を紛らわすためにスマホを手に取りがちです。

深呼吸で「副交感神経」のスイッチが入り、リラックスできれば、落ち着かない気持ちも緩和されます。

(呼吸・リラックス法、副交感神経のお話は、またの機会に)

まとめです!

Googleは刺激と興奮宝庫であるため、寝る前は封印すること

もし、どうしても「スマホじゃないとダメ!」な時には、

気心の知れた友人や家族と、どーでもいい、つまらなーいLINEをするとよいでしょう。

(間違えても「好きな人」にはLINEしないように!興奮で覚醒しちゃいます!笑)

お読みくださりありがとうございました☆



最新記事

すべて表示

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。 「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」 その疑問にお答えします☆ そのために、まず知っておきたいことがあります。 それは、カウンセリングの目的です。 ↓↓ カウンセリングが目指すところは、 「心の自立」です。 すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。 では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか?? 【カウンセリングでする事】 カウン

インスタ更新しました☆

こんにちは、やまさんです。 今回は、心も温まる飲み物「ホットチョコレート」です。 材料の牛乳とチョコレートには、気分を落ち着かせる・安定させる効果があります。 (両方に含まれるトリプトファンがセロトニンの生成を促進するため) 他にもそれぞれ、嬉しい作用があります♪ 最新の投稿は、トップページから見れます☆ 「ホーム」 ↓ 下へスクロール ↓ 「Instagram」 私生活の小ネタを、数日おきにup

カウンセリングに行くタイミング

こんにちは、やまさんです。 みなさんは、カウンセリングって、どんな時に行くイメージがありますか? もしかしたら、 一番多いイメージは「病んでる時に行く」かもしれません。 そうですね、そういう面もあります。 でも、それだけではないのです! それ以外のタイミングも知ってもらいたい!と、 カウンセラーとしては思っています。 「病む前でも来てほしい」です。 カウンセリングは、 お話をしながら、少しずつ変化

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page