top of page

不安対策、お風呂の効果

こんにちは、やまさんです。



みなさんは日頃、湯船に浸かっていますか?


 

結論から言うと、


入浴すると筋肉の緊張がほぐれるため、不安な時に効果的です。



不安な時は、心だけでなく身体(筋肉)も緊張しています。

身体をほぐすと、心も緩和できます。



【入浴の効果】

  ↓↓


●温熱作用

身体が温まることで新陳代謝が活発になり、疲労回復・リラックス効果


●浮力作用

お湯の中では自重が軽くなるため、筋肉への負荷を減らす効果


●静水圧作用

水圧によって血流がよくなり、肩こりや痛みを軽減する効果

(緊張時には血行不良が起きるため、体調不良の諸症状が生じます)


 

カウンセラーの私自身も、入浴の効果を実感しています。


でもそれと同時に、入浴したくない気持ちもわかります。


疲れてるからお風呂より寝たい…

髪を洗って乾かして…考えるとめんどくさい

お湯をはるのがもったいない…

入浴より、早く呑みたい!


…など、いろんな気持ちがありますよね。


もし、この状態が続くと、

心の不安感が解消されないまま筋肉の緊張が蓄積されて、心はさらに緊張→不安へ…と、悪循環になり得ます。



入浴するときは、後先のことは考えなくていいです!

とにかくドボンしましょう。


注)リラックスできる温度で入りましょう。熱くてフーフーいう入り方は、この場合には適していません。





最新記事

すべて表示

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。 「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」 その疑問にお答えします☆ そのために、まず知っておきたいことがあります。 それは、カウンセリングの目的です。 ↓↓ カウンセリングが目指すところは、 「心の自立」です。 すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。 では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか?? 【カウンセリングでする事】 カウン

カウンセリングに行くタイミング

こんにちは、やまさんです。 みなさんは、カウンセリングって、どんな時に行くイメージがありますか? もしかしたら、 一番多いイメージは「病んでる時に行く」かもしれません。 そうですね、そういう面もあります。 でも、それだけではないのです! それ以外のタイミングも知ってもらいたい!と、 カウンセラーとしては思っています。 「病む前でも来てほしい」です。 カウンセリングは、 お話をしながら、少しずつ変化

「過程」を意識してみよう

こんにちは、やまさんです。 今日は、結論から言います! 「結果も過程もどちらも大事」です。 過程と結果、両方とも認めることが大事です。 ところが、バランスが「結果のみ」に偏っているケースが多いです。 そうすると、心もバランスを崩します。 望む結果だけを受け入れて、それ以外の現実を否定的に捉えるとき、 過程で費やした努力や時間、想いなどを、無視・否定することになります。 つまり、過程における自分自身

Comments


midori_edited.png
hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page