top of page

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。



「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」


その疑問にお答えします☆


そのために、まず知っておきたいことがあります。

それは、カウンセリングの目的です。

     ↓↓


カウンセリングが目指すところは、

「心の自立」です。


すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。



 


では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか??



【カウンセリングでする事】

    

カウンセリングルーム(カウンセラー)の専門分野や心理療法により、

手法はこんな感じで異なります

    ↓↓


●話をする

●ワークや演習をする

●創作をする  など


でも、どこのカウンセリングルームでも共通している事があります。

それは…


クライアントさんに、自分自身と向き合ってもらうことです。



心理カウンセリングでは、

「答えは自分自身の中にある」

という考えを基盤にしています。


占いのように、ズバリ言い当てたりはしません。


クライアントさんが、自分の悩みや課題、気持ち、感情と向き合うと、「気づく」ものが有ります。

自分の中の「自分」を一つ一つ探していきながら、前へ進む力を得ていきます。



自分で気づくことが重要です。


受け身で答えをもらうだけでは、自力で解決することができません。

もし、答えをもらうことに慣れた場合、答えをくれる人に依存するようにもなります。


心理カウンセリングが最終的に目指すのは、心の自立です。

依存関係ではなく、自分で解決できる力をつけることです。


よって、答えを「与える」のではなく「引き出す」ことが、カウンセリングの役目になります。


そのために、対話や演習、創作などが役に立つというわけなのです。


ちなみに、けあトークでは「問い&回答」を多く用います。












最新記事

すべて表示

カウンセリングに行くタイミング

こんにちは、やまさんです。 みなさんは、カウンセリングって、どんな時に行くイメージがありますか? もしかしたら、 一番多いイメージは「病んでる時に行く」かもしれません。 そうですね、そういう面もあります。 でも、それだけではないのです!...

Comments


Commenting has been turned off.
midori_edited.png
hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page