top of page

やる気がない…でもやらなきゃ!時に意識したい事

こんにちは、やまさんです。



以前の記事では、「やらないも選択肢」のお話をしました。


今回は、「やらない」を選べない(どうしてもやらなければいけない)バージョンのお話です。



みなさんは、例えばこんなご経験は、あるでしょうか?

↓↓


・自分以外にできる人がいない

・期日がせまっている

・やらないと多くの人に迷惑をかける など



そんな時は、「成功へのプレッシャー」も高いかな…?と思います。


ストレスが大きいですよね。


そんな状況でも、なるべくストレスを減らす考え方をご紹介します!


まずは、少し立ち止まって、深呼吸です。

そして、一歩ひいて俯瞰してみましょう。


それから、こんなことを自分に問いかけてみてください。

↓↓


●省略できる部分はあるか?

●小さいステップに分けることはできるか?

●今日は、どの程度ならできそうか?

●仕上がりは、完璧じゃなくてもいい?

●関係者に相談して、「妥協点」を見つけることは可能か?(延期/代行/割愛など)

●どうして気分が乗らない/やりたくないのか?

 →原因のうち、解決できるものはあるか?

●どうしたらモチベーションが上がるか?

 (なるべく、自分ひとりで叶えることができるもの)

●どうしてやらなければいけないのかを、改めて思い出す



ポイント1:「今」に焦点を当てる


今(あるいは今日)は、やりたくない気分です。

明日は、明日の気分があります。今日とまったく同じかもしれないし、少し違うかもしれません。


今の自分の状態に焦点を合わせて、問うてみましょう。

「今日は?いまは?」…と。



ポイント2:細かく分けて見る


「イヤイヤ」な気持ちは、私もよくわかります。

そういう時は、目の前の課題が大きく見えるでしょう。


漠然と「やりたくない」、でもやらなければいけない。

そんな時は、上の問いのように少し細分化して見てみると、気持ちが楽になることがあります。


ぜひ、お試しあれ。






最新記事

すべて表示

「自己受容」の落とし穴

こんにちは、やまたんです! 自己受容とは? 自己受容とは、自分をありのまま受け容れることです。 〇〇じゃなくても、 できなくても、 しなくても、 ジャッジや評価をせずに、 あるがままを受け容れる(受け止める)ことです。 落とし穴に注意! 「自己受容を高めたい」と望めば望むほど、 自己受容が低い自分(ありのままの自分)を受け容れていない状態が続くことになります。 すなわち、 理想の自己と現実の自己の

哲学と自己受容~「悩み」の受けとめかた~

今回は、ルネ・デカルトの言葉をヒントにしたいと思います。 (17世紀フランスの哲学者) 彼が残した有名な言葉が、こちらです 「我思う、ゆえに我あり」 ↓↓ 「考える」ということは、 意識があるということ。 意識が存在しているということは、 自分が存在しているということ。 デカルトは、懐疑的な人だったようです。 自分自身の存在を疑い始め、辿り着いた解が「我思う、ゆえに我あり」でした。 悩むことは、本

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page