top of page

ちょっとイイおはな詩(お話)

こんにちわ。


Facebookの友人の投稿で、良い詩に出会いました。

良いものは分かち合いましょう!

ぜひ紹介させてください。





詩には疎いので お恥ずかしいですが、

Leonard Cohen(レオナルド・コーエン)さんの詩だそうです。


直訳します↓↓

まだ鳴ることができるベルを鳴らして

パーフェクトな差出物のことは忘れて

万物にはヒビがある

だから光が差すのだよ

意訳します↓↓

鳴らないベルもあるけど、気にするな

「完璧」なんて、気にするな

完璧なものなんて、ひとつもない

だから得られるものもある

訳はともあれ、笑

「完璧じゃないからこそ、得られることがある」というメッセージですね。

完璧にしようとすると、どんどん息苦しくなります。

生きやすくなるためには、「完璧」よりも「ありのまま」です。

完璧を追うのも、

ありのままを受け容れるのも、

自分で選ぶことが、あなたはできます

「ありのまま」の先にあるのは、自信・安心感・満足感・全体感・統合感…幸福感 などです。

私自身が、身を持って体験した「自己受容」です。

“その先にあるもの”は、ぜひホームページを読んで探してみてください。



以上、ちょっとイイおはな詩(お話)でした。


お読みくださりありがとうございました。

最新記事

すべて表示

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

カウンセリングでする事

こんにちは、やまさんです。 「カウンセリングって、どんな事をするんだろう?」 その疑問にお答えします☆ そのために、まず知っておきたいことがあります。 それは、カウンセリングの目的です。 ↓↓ カウンセリングが目指すところは、 「心の自立」です。 すなわち、ストレスに自分で対処できる力をつけることです。 では、実際にカウンセリングでは何をしているのでしょうか?? 【カウンセリングでする事】 カウン

カウンセリングに行くタイミング

こんにちは、やまさんです。 みなさんは、カウンセリングって、どんな時に行くイメージがありますか? もしかしたら、 一番多いイメージは「病んでる時に行く」かもしれません。 そうですね、そういう面もあります。 でも、それだけではないのです! それ以外のタイミングも知ってもらいたい!と、 カウンセラーとしては思っています。 「病む前でも来てほしい」です。 カウンセリングは、 お話をしながら、少しずつ変化

Comments


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page