top of page

お布団最強!説

こんにちは、やまさんです。



昨夜のことです。


急にめちゃめちゃ冷えました!(東京です)


普段、寝る時は暖房を消すのですが、

寒すぎて寒すぎて…

なかなか眠れず、

頭まで布団に潜り込みました。


カマクラ状態のお布団は、

温かくて柔らかくて…

ぬくぬく幸せ~でした!



そこで思い出した、こんな実験があります!



子ザルの前に、

「布製の母ザル」と

「鉄製の母ザル」を置きました。

さて、子ザルはどちらの母ザルに寄って行ったでしょうか!?



正解は、布の母ザルでした。



この実験でわかったことは、


「接触の快の理論」といい、

「温もりや肌触りがある方に好意を抱き、愛着を抱きやすい」ということです。


(参照:ハーロウの代理母実験)



母に抱かれた感覚、つまり「安心感」です。



私たちも、鉄より布の方が心地よさを感じますよね。



心が不安定だな…という時は、

ブランケットや毛布など、くるまれて心地よい「布」を手元に置いておくと、いいかもしれませんね。






最新記事

すべて表示

「自己受容」を捨てた方がいい理由

こんにちは、「やまさん」改め、今日から「やまたん」です。 (刑事みたい・おじさん臭いとか不評だったので、笑) 「自己受容」と検索して、当HPにたどり着いた方もいらっしゃるでしょう。 自己受容は、基本的に全ての心理カウンセリングが目指していること、と思っていただいてよいと思います。 心理的援助方法は様々ありますが、結果的に行きつく先は同じです。 それなのに、「自己受容」を捨てたほうがいいとは…? 捨

哲学と自己受容~「悩み」の受けとめかた~

今回は、ルネ・デカルトの言葉をヒントにしたいと思います。 (17世紀フランスの哲学者) 彼が残した有名な言葉が、こちらです 「我思う、ゆえに我あり」 ↓↓ 「考える」ということは、 意識があるということ。 意識が存在しているということは、 自分が存在しているということ。 デカルトは、懐疑的な人だったようです。 自分自身の存在を疑い始め、辿り着いた解が「我思う、ゆえに我あり」でした。 悩むことは、本

「先延ばし」と自己破壊サイクル

こんにちは、やまさんです。 今日は、「先延ばし」のお話です。 英語ではprocrastinationと言い、 (プロクラスティネィション) 特に学生の間でよく耳にします。 (私は米留学時によく言われました。笑) 「先延ばし」とは やらなければいけないタスクを避け、 開始や終了を遅らせることです。 (タスク=課題、作業) 「うつ病、自尊心の低下、罪悪感、不十分さ」と関連していることが多いそうです。

Comentarios


hana4.png
hana4_edited.png
bottom of page