obi.jpg
icon.png

カウンセラーの紹介

あなたの気持ちがわかるから・・・
​だれよりも親身にあなたと向き合います
けあトーク山中_edited_edited_edited_edited.jpg

​心理カウンセラー

山中 尊絵

(やまなか たかえ)

認定心理士

​NLPプラクティショナー

​メディカルアロマインストラクター

26歳からルーテル学院大学に通い、臨床心理学を専攻。心理学・哲学・宗教学を学ぶ。

専門は「来談者中心療法」。

「受容と愛」に基づくカウンセリングを行う。

こんにちわ。

ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。​

もし、お力になれることがありましたら、どうかお気軽にご連絡ください。誠心誠意、あなたと、あなたの心に向き合わせていただきます。

いつかお話できる日を、心よりお待ちしております。

敬具

midori.png
icon.png

カウンセラーのご紹介

実は、私自身も自己受容が低いタイプでした。(→【自己受容とは?】を見る)

現在は克服できたのですが、思春期の頃から「生きづらさ」を感じるようになり、気がついたら、摂食障害とアルコール依存症に悩まされるようになっていました。うつ状態にも煩わされ、ひきこもりだった時期もありました。生きるのをやめようとも思いました。長い年月のあいだ「生き苦しい」思いをしていましたが、すべてを変えるきっかけとなったのは、初めて精神科を受診した時でした。その時はただ、向精神薬(うつを軽くするための薬)を手に入れたくて行きました。ですが結果的に、それが私を変えた《勇気の一歩》となりました。

それから、カウンセリングと整体院に通い始めました。苦しい時間もありましたが、カウンセラーや整体師の方々が私をサポートしてくれました。対話をする中でいろいろな《気づき》を得て、数ヵ月後、私はついに自分を変えることができました。

私が果たしたこと、それは【自己受容を高める】ことでした。自分自身を「あるがまま」認め、受け容れることです。

よく耳にする言葉ですが、できていない方が多いです。

『受容』を知るには、対話を通して皆さん自身に実感していただく必要があります。そこでの「気づき」こそが、みなさんを悩みから救えるからです。

けあトークが目指すのは、【自己受容を高める】ことです。

みなさん一人一人が自分自身を受け容れ、悩みから解放され、無条件の《満足感、幸福感、自信、安心感》を覚えることを願っております。

 

『受容すること』『愛すること』であると言えます。

では、「愛する」とは実際に何をすることでしょうか。

具体的には、「信頼すること」「尊重すること」「認めること」「ほめること」「感謝すること」「受け容れること」です。これが、私自身が苦悩の末にたどり着いた《愛の形》です。

対話をしながら、みなさん自身が《愛》を知っていけるように向き合いたいと思っております。

誰もが、生きやすさを感じる権利を持っています。みんな、産まれた瞬間から認められているのです。あなたも、あなたの家族も、楽しく幸せに生きてよいのです。

私は、ケアトークを通してみなさんに「生きやすさ」を見つけて欲しいと願っております。そのために、誠心誠意、あなたと共に歩みます。

tori112.png
tori7.png
tori2.png
tori222.png